WordPressのインストール方法→初期設定も忘れずに【WordPressブログ始め方03】

WordPress

WordPressのインストール方法→初期設定も忘れずに【WordPressブログ始め方03】「WordPressブログの始め方」の第3回では、WordPressをインストールする方法と、最初にやっておきたい設定を説明します。

独自ドメインの取得 【完了】
レンタルサーバーの契約 【完了】
WordPressのインストールと初期設定 ←今日はここ
・WordPressテーマの設定
・WordPressプラグインのインストール

 

エックスサーバーには「WordPress簡単インストール」という機能があるので、いくつかの項目を決めるだけで、自動でインストールしてくれます。
また、最初にやっておくべき設定は、ブログ全般に関するものと、セキュリティに関するものです。

どれも順にやっていけば簡単な作業ですが、最初にやっておかないと困る場合があるので、WordPress管理画面の使い方も含めて説明していきます。

 

WordPressをインストールする

まずは、WordPressをインストールします。
前回の手順まで終わっていれば、さくっと完了するので、進めていきましょう。

 

WordPressのインストール方法

WordPressのインストールは、「サーバーパネル」から操作します。

サーバーパネルから、WordPressメニューにある「WordPress簡単インストール」をクリックします。

WordPressメニューの「WordPress簡単インストール」

 

ドメイン選択画面が表示されたら、WordPressをインストールするドメイン(=ブログ用に取得した独自ドメイン)の「選択する」という文字をクリックしてください。

ドメイン選択画面:ブログにつかう独自ドメインを選択する

 

「WordPress簡単インストール」ページが開くので、「WordPressインストール」タブを選択して、ブログの情報を入力していきます。

WordPress簡単インストール画面:ブログのタイトル、管理者のユーザー名など設定

設定対象ドメインの部分には、独自ドメイン名が表示されていることを確認してくださいね。

ここで決めておく必要があるのは、「ブログ名」と「ユーザー名」です。

ブログ名

そのままブログのタイトルです。
といっても、後から変えることができるので、あまり気にせずブログにつけたい名前でいいでしょう。

ユーザー名

これは、WordPressへのログインに使うユーザー名です。
注意点としては、ここで設定したユーザーは管理者権限を持っていて、後から変更できないということです。

管理者なら admin とかでいい?

「admin」はやめましょう。
よく使われる admin とか user とかは、攻撃(=ログイン試行のアタック)で狙われやすいユーザー名です。パスワードも設定するとはいえ、管理者ユーザーが狙われるのは避けておきたいですね。
それ以外であれば、ニックネームでもハンドルネームでも、自分が分かりやすいものでOKです。

「パスワード」も重要ですが、またすぐ後で変更するので、ここではあまり気にしなくて大丈夫です。

 

入力し終わったら、「確認画面へ進む」をクリックします。

確認画面で「インストールする」をクリックして、1分ほど待っていると、WordPressのインストールが完了します。

WordPressのインストールが完了しました画面:パスワードはメモしておく

▼ 注意 ▼
インストール完了画面で表示される「パスワード」と「MySQLパスワード」は、このさき確認できません。メモを取るなどして、忘れないようにしてください。

 

「管理画面URL」には、WordPress管理画面のアドレスが表示されているので、設定したユーザー名とパスワードでログインしてみてください。

WordPress管理画面 - ダッシュボード

ページ左上にあるブログ名か、サイト表示という部分をクリックすると、今のブログ表示を確認することもできます。

WordPress管理画面 - ブログ名

まだ何も手を加えてないので、初めはこんな感じの見た目です。

初期状態のブログデザイン

これでもブログを書き始めることはできますが、もう少しブログっぽくしたいですねー。

 

WordPressの初期設定方法

続いて、WordPressの最初にやっておきたい設定をしていきます。
後からでも変更できるところもありますが、セキュリティにかかわる部分と、後から変更するのがとても大変な部分は、今のうちにやっておきましょう。

 

ニックネームとパスワードを変更する

WordPressユーザーの、ニックネームとパスワードを変更します。

先ほども説明しましたが、最初のユーザーは管理者権限を持っています。これがハッキングされるとアウトなので、強力なパスワードに変更するのがおすすめです。

また、初期状態のニックネームはユーザー名と同じなので、ブログを訪れた人にも見えてしまいます。
攻撃に使われる場合もありますので、ニックネームを変えて隠しておきましょう。

WordPress管理画面の左側メニューから「ユーザー」をクリックします。

WordPress管理画面のユーザーメニュー

 

ユーザーが1つだけ(管理者)登録されているので、ユーザー名の部分をクリックしてください。

ユーザー一覧画面:ユーザー名をクリック

 

プロフィールページが表示されるので、下にスクロールしていきます。

ニックネームとブログ上の表示名の設定

「名前」という部分まできたら、

ニックネーム(必須)

「ニックネーム(必須)」に好きな名前を入力してください。
「管理者」とかでもいいですが、ニックネームみたいのがいいですねー。

ブログ上の表示名

ここで、いま入力したニックネームを選択します。
読者に見えるのはこの「ブログ上の表示名」ですが、先に「ニックネーム」で入力しないと選べないので、ニックネームと一緒に変えます。

 

次に、パスワードを変更するので、下にスクロールしていきます。

パスワードを生成するボタンをクリック

アカウント管理という部分の、「パスワードを生成する」をクリックしてください。

強力なパスワードが提示される

ここで提示されるのパスワードは、英数字記号の混ざった24文字で強力なものなので、このまま使うのが簡単でいいですね。

新しいパスワードをメモしたら、下の方にある「プロフィールを更新」ボタンをクリックすると、設定が反映されます。

プロフィールを更新しました画面

 

一部例外もありますが、WordPress管理画面での設定は、だいたいこのような感じです。

左側メニューから選択
→ 項目を変更する
→ 更新(や保存)ボタンをクリック
→「〇〇を更新しました」のメッセージで完了

慣れてくると分かりやすいですね。

 

パーマリンク設定を変更する

ここでは、「パーマリンク設定」というものを変更します。
パーマリンクというのは、ブログにアクセスするときのURLになるもので、「どんなURLを使いたいか?」を設定する部分ですね。

例をあげると、次のようなものがあります。

https://sample.com/?p=123

記事IDを使ったシンプルなものです。
このサイトも記事IDを使ってますが、じつはこの設定、あまりおすすめできません(理由はのちほど)。

※このサイトでも「投稿名」に変更しました。

https://sample.com/wordpress-install/

これは投稿名(この場合は「wordpress-install」)を使ったもので、この設定がおすすめです。
記事ごとに投稿名をつける必要がありますが、人間が見ても、なんとなく記事に何が書いてあるか分かりやすいですね。

Google もこのように「人間が理解できる」URLを推奨しています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。
(以下略)

引用:Google ガイドライン「シンプルな URL 構造を維持する」

はい、迷ったら Google さんおすすめの方法が、だいたい正解です。

筆者はこのサイト作るとき、ガイドライン知らなかったんですよねー。

いちいち投稿名つけるの面倒だし、IDの方がシンプルでいいはず!

などとイキってましたが、自分でもIDだけじゃ内容が分からず、管理が面倒になってほんと後悔してます。
今からでも変えることはできるのですが、面倒な作業になるので…やりたくない…。

▼ ここが重要 ▼
ブログが増えたあとにパーマリンク設定を変更すると、修正作業がとても大変になります。ブログ記事を書く前に設定して、そのあとは変更しないようにしましょう。

 

というわけで、パーマリンクに「投稿名」を設定する方法です。

左側メニューから、「設定」→「パーマリンク設定」をクリックします。

設定メニューの「パーマリンク設定」

ちなみに、WordPress管理画面ですが、フロートで出てくるメニューから選んでも同じなので、使いやすい方を使ってください。

設定メニューの「パーマリンク設定」

 

「パーマリンク設定」ページが表示されたら、共通設定の部分で「投稿名」にチェックを入れます。

パーマリンク設定

 

変更したら、下にスクロールして、「変更を保存」ボタンをクリックします。

例によって、「パーマリンク構造を更新しました」と表示されれば、完了です。

 

サイトのタイトルと日付フォーマットの設定

ついでに、サイトのタイトルとキャッチフレーズ、日付と時刻のフォーマットを設定します。
これらは後でも変更できますが、最初に一通りみておきましょう。

左側メニューから、「設定」→「一般」をクリックします。

設定メニューの「一般」

 

一般設定ページが開いたら、「キャッチフレーズ」という項目に、ブログの紹介文を入力してみましょう。

サイトのタイトルとキャッチフレーズ

「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」はいつでも変更できるので、とくに思いつかなかったら、後回しでも大丈夫ですよ。

次に、下の方にスクロールして、「日付のフォーマット」と「時刻フォーマット」を設定していきます。

日付と時間フォーマット

ここは好みで決めてOKです。
画像では例として、「2020/01/04 21:57」のようにチェックをいれてますが、このサイトでは「2020-01-5 21:31」のように設定をいれてます。

設定したら、例によって「変更を保存」ボタンをクリックして、「設定を保存しました」が表示されれば完了です。

 

常時SSL化を設定する

次は、常時SSL化という設定をします。
これは何かというと、「http://~」でブログにアクセスしたときに、

HTTPでアクセス

自動的に「https://~」にリダイレクトされる設定で、

HTTPSにリダイレクト

簡単にいうと、セキュリティが向上し、ブログを運営する人にもブログの読者にもメリットがあるので、最初にやってしまいましょう。

※この設定も後から変更すると、リンクや表示の確認など、手間が増えるので面倒になります。

では、エックスサーバーでやる設定と、WordPress管理画面でやる設定を、順番に説明していきます。

 

サーバーパネルにログインし、ホームページメニューの「.htaccess編集」をクリックします。

ホームページメニューの「.htaccess編集」

 

ドメイン選択画面になったら、ブログに使う独自ドメインの「選択する」をクリックしてください。

ドメイン選択画面

 

.htaccess編集ページが開いたら、「.htaccess編集」タブを選択して、

.htaccess編集ページ

.htaccessという部分の、一番下に以下の内容を 追記 してください。

# 常時SSL化
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

※1行目の「# 常時SSL化」はなくても大丈夫ですが、あとで見たときに何のためのコードか分かりやすくするために入れてます。

5行目(最後の行)には「改行」を入れてください。

 

「確認画面へ進む」をクリックしたら、追記した内容を確認して、「実行する」ボタンをクリックします。

.htaccess編集の確認画面

 

「.htaccessの編集が完了しました」というメッセージが表示されれば、エックスサーバーでの作業はおしまいです。

 

次に、WordPress管理画面の左側メニューから、「設定」→「一般」をクリックします。

一般設定ページが開いたら、

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)

「WordPress アドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」という項目で、

http → https

に変更してください。

変更したら、例によって「変更を保存」ボタンをクリックし、「設定を保存しました」とメッセージが表示されれば完了です。

ブラウザのアドレス部分に、「http://自分の独自ドメイン」でアクセスすると、「https://~」に自動でリダイレクトされるようになっているはずです。

 

 

本日のまとめ

以上で、WordPressのインストールと初期設定は完了です。

独自ドメインの取得 【完了】
レンタルサーバーの契約 【完了】
WordPressのインストールと初期設定 【完了!】
・WordPressテーマの設定
・WordPressプラグインのインストール

補足的な説明はいろいろ書いてきましたが、

作業自体は大したことなかったね

そうですね、順番にやっていけば大したことないんです(笑

次回は、WordPressテーマの設定をします。
このままでもブログは書けますが、もう少しブログっぽいデザインにしてみましょう。無料で使える簡単テーマも、ご紹介します♪

それではお疲れさまでした。
また次回、お会いしましょう。

Posted by リクラフ